分杭峠(気場=ゼロ磁場)のご案内
 最終更新:平成20年8月4日
  
急告
分杭峠へのマイカー乗り入れが禁止になりました
平成22年3月20日よりシャトルバスが運行されています。
このシャトルバスを利用しないと気場へは行けません。
詳細はこちら

これによりページの更新が必要なため、旧情報の一部の掲載を見送ることにしました。

★送迎いたします★
シャトルバスの発着所への送迎は別料金で行っています。
(大人でしたら4名まで)
車が一台しかないので、都合によりお受けできないこともあります。
詳しくはお問い合せください。

★お問い合せについて★
シャトルバスの運行が始まってからこれまでの期間、運行方法などずいぶん変更されているようです。
最新の情報、現場の状況などは私たちにも全くわかりませんので、お問い合せいただいてもお答えできません。
伊那市役所にお問い合せいただくと良いかと思います。
伊那市役所 長谷総合支所 産業振興課 
電話:0265-98-3130
伊那市:分杭峠(気場)
 
■分杭峠(気場=ゼロ磁場)について
分杭峠は世界でも有数の「気」の発生する場所=気場と認定され、テレビでも放映されて、一躍脚光を浴びることになったようです。
私たち家族は移住先の候補として伊那周辺を旅行した時に、あるパンフレットで「気場」を発見。(平成6年10月のお話しです)
おかあちゃんは気場のことは知っていたようなんですが、それがこんな近くにあるとは知らず、せっかくだから行ってみようとなったわけです。
ちなみに、おかあちゃんの持っていたこの本=気の力の130ページにも紹介されていました。
気場へ向かう途中の高遠・長谷の町並みをいたく気に入ったおかあちゃんが不動産屋さんに電話して今の家を借りられることになったという、私たちをこの地(高遠町)に導くきっかけとなった地でもあるんです。
気場に行ってから、それまでの流れがうそのようにいろいろな繋がりができてどんどん広がっています。
それが気場に行ったからどうこうではないと思いますけど、気場に行かなかったらここに住んでないだろうな、ここでこうして民泊なんてやってないだろうなという、わが家に大きなきっかけをくれた場所ではあります。
引っ越し完了持は冬で道路が閉鎖して行けませんでしたが、その後は月に1,2回のペースで訪れていました。
シャトルバスになってからは一度も行っていません。
シャトルバスの発着所はよしよしから車で20分ぐらいの所です。
分杭峠周辺の地図(Yahoo!地図情報)

気場(ゼロ磁場)ってなんでしょう?
「ゼロ磁場」というのは、「磁場がない」ではなくて、強烈な磁場はあるものの、プラスとマイナス2つの磁界の方向が均衡して向き合って、本来発生するはずのエネルギー(磁場)が見かけ上ゼロになっている状態のことです。
陰陽の話だと、陰と陽が同じ力でぶつかりあっている状態、バランスがとれて動かない大極マークの状態で、最も調和のとれた波動エネルギー(生命場)の状態だそうです。
気場に来て病気が治ったとか、何が治ったとかいろいろ言われているようです。
それがここでエネルギーをもらったからなのか、ここで狂った体内の何かが調整されたからなのか、それとも「ここに来たから治るはず」という思いこみ効果なのかは私にはわかりませんけど。
少なくとも私はここにくると何かを感じます。
指先がびりびりするその強さが場所によって違うことも感じています。
日によっては肘から先が重くなったり、後頭部が重くなったりすることも感じています。
それはあくまでも私の感じているもので、全ての人が同じように感じるものではありません。
よしよしのお客さんのお話でも、私と同じように「指先がびりびりする」という方もいれば、「手が温かくなった」とか「頭が痛くなった」とか「何にも感じない」とか「からだが柔らかくなった」とか、いろいろです。
「昔は感じたけど今は感じない」という方もいますが、それが混雑によって場が濁ってしまったからなのか、本人の体調・体質の変化によるものなのか、私にわかるわけもありません。
自分で行ってみて、自分の体で感じてみて、何よりその場を楽しんでいただければ良いのではないかと思っています。
 
 
■パワースポットガイド



 
 
■「気」関連のおすすめ本