よしよし・家族の紹介
 
よしよしのはじまり
平成18年3月に東京から北海道に引っ越し、暮れに北海道から再度引っ越してここ信州長野・伊那高遠に引っ越してまいりました。
この年は、本当にややこしい年でした。(笑)
この家は、私たちが引っ越して来る前から、大家さんが簡易宿泊施設の営業許可(素泊まりのみさせられる)をとっていて、毎年高遠さくら祭りのシーズンだけ営業していました。(高遠のさくらの様子はこちら
家を借りる時に、「さくら祭の時だけ空いている部屋にお客さんを入れて(素泊まり)」ということが条件でした。
ならば、いっそのこと食事も出せるように飲食店の営業許可をとってみようか?ということでキッチンのリフォームに取りかかり、さくら祭までに間に合ってしまって営業が始まったという次第です。

「民泊」としていますが、営業許可はしっかりとってありますのでもぐりではありません。
施設的にも、気持ち的にも「民泊」が適当であろうという判断と、響きの良さから「民泊」を名乗らせてもらっています。
といっても、大家さんのもっている簡易宿泊施設の名称が「高遠民泊」で、わが家で取った飲食店の営業許可が「よしよし」なのであわせ技でこの名称というのもありつつ。

※「よしよし」の名前の由来は、はしょるとおかあちゃんの名前(美佳(みか))の読み換えからです。
 
 
家族の紹介
高遠民泊よしよしの家族写真
名前 血液型・星座・生年月 趣味・特技
おかあちゃん
(みか)
O型 双子座(Sxx.5) 料理、アバターマスター
よっちゃん
(よしこ)
A型 射手座(H12.12) お絵かき、読書、絵本作り
よしき ?型 魚座(H20.3) 食べる、泣く、踊る、愛嬌を振りまく
 
おかあちゃん(みか)の作る料理は野草・雑穀を中心にした健康料理。パンは天然酵母、国産小麦粉を使って手作りしています。
天然酵母はホシノ酵母を使いますが、自分で作ることもあります。
おかあちゃんは高遠町に来てどんどん考え方も人との繋がりも広がっています。最近は、この地域のみならず広がりを見せ始めています。

よっちゃん(佳子・よしこ)は、手塚治虫さんの大ファンでマンガ作りが大好き。一人でいる時はほとんど手塚さんのマンガを読んでいるか、マンガを描いているかです。
最近はマンガだけでなく、物語も書くようになっています。
配膳係をしてくれたり、周辺のお寺案内ツアーをしてくれたり、接待係りも頑張ってくれています。
ブログを書き始めました。(H23.2) よっちゃん日記
応援してやってください。

よしき(義氣)は、自宅出産で誕生しました。
客間に使用している8畳の床の間でよしきは誕生しました。
とっても愛嬌のある笑顔を振りまくよしきですが、最近照れ屋です。

他に、白オキナチャボのルミー、モルモットのシルバとピュア、三毛猫のみゆ(美優)、ちーたんがいます。(H24・7月現在)